年会費がオトクなゴールドカード

まだまだおすすめしたいゴールドカードがたくさんあります。というよりは、ユーザーのニーズによって最もおすすめできるカードが異なるため、紹介してもしきれないのが現状なのです(笑)もちろんそれはゴールドカードだけでなく、一般向けのクレジットカードにも言えることですが、

ただ、最も大きなニーズとしては、やはり年会費でしょう。そう、ゴールドカードにも当然年会費がありますし、一般カードよりも高額になります。概ね、年会費1万円以上というところがゴールドカードの相場でしょうか。

しかし、中には数千円、あるいはなんと年会費無料で入会できてしまうゴールドカードもあります。もしもゴールドカードがほしいけど、高額な年会費が気になる…!ということなら、ここで紹介しているゴールドカードに入会することをおすすめします。

注意点としては、年会費が安いカードには安いなりの理由がある点です。たとえば、一般的なゴールドカードに比べると、空港ラウンジサービスや旅行保険など、特典面で劣ることがほとんどです。もしもあなたが「人前でゴールドカードを使って見栄を張りたい」という目的でゴールドカードに入会するのであれば、ここで紹介しているゴールドカードがおすすめです。しかし、「ゴールドカードに入会して様々な特典を利用したい」という目的でゴールドカードに入会するのであれば、年会費で比較するのではなく、充実した特典が付帯しているかどうかをまず見てから、その特典内容と年会費が見合っているのかどうかを検討してから入会した方が、絶対に満足できるカードに巡り会えるでしょう。

前置きが長くなってしまいましたが、これから年会費の安さが自慢のおすすめゴールドカードたちを紹介していきます。

■イオンゴールドカード

ゴールドカードは年会費が高い、といったイメージが有ることも確かです。しかし、全てのゴールドカードの年会費が高いわけではないんですよ。年会費がオトクなゴールドカードはたくさんあるんです。
今回は、年会費がオトクなゴールドカードを幾つか紹介します。ゴールドカードは利用したいけど、年会費は抑えたい、と思っている方は必見です。

最初に年会費がオトクなゴールドカードとして解説するのが、イオンゴールドカードです。
果たしてどのような特徴があるのでしょうか。注目です。

実はイオンゴールドカードは年会費がかからないんです。ゴールドカードで年会費が永年無料タイプは極めて珍しいので、大きなメリットがある、と言っても間違いではありません。

もちろんゴールドカードとしての昨日も兼ね備えています。空港ラウンジが利用できるんです。羽田空港などの全国のイオンラウンジが利用できるといった特徴があります。

海外旅行傷害保険に関しては自動付帯となっています。ただし、200万円となっているのでそれほど高くはありません。高額の補償が受けられるわけではないので注意してくださいね。

イオンゴールドカードは誰でも利用できるわけではありません。招待制のカードとなっているので、その点に関しては理解する必要があります。

■三井住友VISAプライムゴールドカード

年会費がオトクなカードは実際に数多くあります。全てのゴールドカードの年会費が、10,000円や20,000円してしまうわけではありません。数千円という、敷居の低いものもたくさんあるんですよ。

今回は年会費がオトクなゴールドカードとして三井住友VISAプライムゴールドカードを紹介します。三井住友系のゴールドカードに関しても年会費がお得になっているんです。さてそのカードのサービスの中身はどうなっているのでしょうか。

三井住友VISAプライムゴールドカードの初年度年会費に関しては無料の設定となっています。
2年目以降に関しては5,400円となっているのです。年会費としてもかなりお得なので、利用する価値がある、といっても過言ではありません。

ゴールドカードとしてのサービスも充実しています。空港ラウンジに関しても、国内の主要な28空港で無料利用できる、といった特徴があるわけです。さらに、カード会員専用のゴールドカードデスクも利用可能なんですよ、

ただし、三井住友VISAプライムゴールドカードは誰でも利用できるわけではありません。20代専用のゴールドカードとなっているんです。30代以降になると三井住友VISAゴールドカードにランクアップすることになります。

■JCB GOLD EXTAGE

JCBカードといえば、国内で圧倒的な利用しやすさがありますよね。多くの加盟店があるので、安心して利用できるわけです。そんなJCBカードですが、JCB GOLD EXTAGEというものがあります。年会費的に非常に大きなメリットがあるゴールドカードなんです。

果たしてJCB GOLD EXTAGEの年会費はどのくらいに設定されているのでしょうか。高額設定されているのでしょうか。それとも低額設定されているのでしょうか。実はお得な金額に設定されているんです。

JCB GOLD EXTAGEの年会費ですが、初年度は無料の設定となっています。2年目以降は3,240円の設定となっています。2年目以降の年会費もお得となっているので、敷居が低いカード、といっても過言ではありません。
JCB GOLD EXTAGE似関しては、年齢的な制限があるので注意しましょう。29歳以下限定のゴールドカードとなっており、30代以降は利用できないのです。

一般的なJCBゴールドと比較すると、付帯保険お金額は少しダウンしてしまうのですが、コストパフォーマンスとしては全く問題ありません。非常に素晴らしいゴールドカード、と言っても過言ではないわけです。

空港ラウンジももちろん利用できますよ。国内の主要空港の28つで空港ラウンジが無料利用できるのです。さらに国内だけではありません。アメリカのハワイの空港までラウンジ利用が出来るんです。

■MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費がオトクなクレジットカードはいくつか存在しています。今回はその一つであるMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードについてお話します。果たしてどのような年会費に設定されているのでしょうか。年会費以外の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費ですが、初年度は無料の設定となっています。2年目以降に関しては2,057円となっています。初年度が年会費がかからずに、2年目以降も2,000円程度なので極めて年会費が低いカード、と言っても過言ではありません。しかも、アメリカン・エキスプレス・カードであるところにも注目です。アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が高いカードとして有名ですが、わずか2,000円で利用できるわけです。非常にお得なゴールドカード、と言っても過言ではありません。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードですが、アメックス会員だけの優待サービスもしっかりと付帯されています。様々な割引サービスが受けられるのです。ちなみに、国内主要空港6つのラウンジとハワイのラウンジも無料利用できますよ。ゴールドカードとしての機能も兼ね備えられているので安心してくださいね。

■エポスゴールドカード

エポスカードと言えば、年会費無料のお得なカードをイメージする方も多いかもしれません。さすがにゴールドカードとなると年会費無料になるわけではありませんが、非常にお得な設定となっているのです。
今回は エポスゴールドカードとそのカードの中身について詳しくお話しますね。少しでもオトクなゴールドカードを利用したい、と思っている方か必見です。

エポスゴールドカードの年会費ですが、初年度は5,400円の設定となっており、2年目以降も5,400円の設定となっているのです。非常に低額な年会費でゴールドカードを利用できる、といった特徴を持っています。

空港ラウンジの利用ももちろん可能です。国内の主要な空港が20。さらにハワイや韓国の空港まで利用できてしまうのです。ちなみにエポスゴールドカード似関しては、招待制であれば、年会費無料の設定となります。ですから、できれば招待制で取得したいカードといえるかもしれません。一方で、通常の申し込みであったとしても、年間50万円以上のカード利用をしていれば、翌年の年会費が無料になる、といった設定になっています。エポスゴールドカードをメインカードとして利用していれば、年会費を支払わずに済むようなケースが十分に考えられるわけです。

ちなみにエポスゴールドカードのポイントであるエポスポイントですが、ゴールドカード限定で有効期限なし、となっています。

■MUFGカード ゴールド

年会費が有利な設定となっているゴールドカードはたくさんあります。そこで今回紹介するのがMUFGカード ゴールドです。利用している方も多いでしょうし、利用を希望している方も多いのではありませんか。非常に有名なゴールドカードですが、年会費的に非常に大きなメリットがあるのです。

今回はMUFGカード ゴールドの年会費がどのくらいに設定されているのか。ゴールドカードとしてどのような特徴があるのか、ということを明らかにしていきます。オトクなゴールドカードを利用していきたい、と思っている方は必見ですよ。

MUFGカード ゴールドの年会費ですが、少年ド年会費は無料の設定となっています。2年目以降の年会費に関しては、2,057円となっています。ゴールドカードが毎年2,000円程度で利用し続けられていくのは大きなメリット、といっても良いのではありませんか。

空港ラウンジもしっかりと利用できます。国内の主要な6つの空港のラウンジ利用が出来ますし、ハワイの空港のラウンジ利用も出来るのです。

さらにMUFGカード ゴールドで注目してほしいのが、国渡航便遅延保険サービスがついている、というところです。手荷物の遅延などで負担したホテル代金や医療品の費用を最高で20,000円まで補償してくれるわけ。非常に手厚い保険がついている、といっても過言ではありません。

MUFGと言えば、ご存知大手フィナンシャルグループです。銀行系カードとも言えるMUFGカードのゴールドカードを持つことは、そう簡単ではありません。では銀行系カードの審査を突破するためには、どのような点を覚えておく必要があるのでしょうか?

■銀行系ゴールドカードの審査

クレジットカードの中でも極めて審査が厳しいものとして知られているのが、銀行系ゴールドカードです。銀行系ゴールドカードですが、やはり高額の利用ができる、といったメリットがあります。また、利用する方としては安心感もあるわけです。

しかし、それだけ良いゴールドカードということは利用したい方も多い、と考えられますよね。当然、持つ方を選んでくるわけです。審査が厳しくなっていることも珍しくありません。

こちらでは、銀行系クレジットカードの審査について詳しくお話します。

・銀行系ゴールドカードの審査を突破するためにはどうすればよいのか?

年収が500万円以上あったほうが取得しやすいです。平均年収よりは高い状態で申し込みは実行しましょう。利用可能枠が大きく設定されていることが多いので、一定以上の返済能力がなければ厳しいわけです。
勤続年数にも注意しなければなりません。勤続年数が短すぎる場合には、審査で弾かれてしまう確率が高くなってしまうのです。勤続年数に関しては、5年以上が一つの基準となります。5年未満だと、低評価されてしまう可能性が高いのです。

ちなみに、外資系の銀行系ゴールドカードであれば、年収に関しては少し緩くしてくれることが多くなってきました。400万円台でも審査を突破できた、という報告が増えてきているのです。

とまぁいろいろと言われていますが、普通に生活している方であれば、ゴールドカードの審査も問題なく突破できるでしょう。最近ではゴールドカードの更に上のプラチナカードやブラックカードなども増えてきたので、ゴールドカードに関する審査はかつてほど厳しくはないようです。