ゴールドカードの審査に落ちないために覚えておくべきこと

■審査基準も異なるゴールドカードの種類

クレジットカードは使っていても、ゴールドカードというと敷居が高い…と感じる人は多いです。
しかし現在はゴールドカードの審査基準は、以前より引き下げられいます。
なので一般の人でも、意外と簡単に審査に通ることはできるでしょう。
ゴールドカードは富裕層が持つもので、自分には関係ないと思うのは間違いです。
ゴールドカードの取得を目指してみましょう。

ゴールドカードといっても、いくつかの種類があります。
それぞれに特徴がありますので、自分にあったゴールドカードを選択する必要があります。

・一般ゴールドカード
昔からある年会費10,000円程度のゴールドカードです。
審査基準はゴールドカードの中では、一番厳しいと言えるでしょう。
ゴールドカードならではの旅行保険、空港ラウンジ無料利用などのサービスがあり、持つ価値は高いです。
ステータスも高いので、持っていることを自慢したいなら一般ゴールドカードが良いでしょう。

・低年会費ゴールドカード
2,000円~3,000円程度と、一般のクレジットカード程度の年会費で使えるゴールドカードです。
低年会費と審査が比較的緩いことにより、近年発行枚数を増やしています。
審査基準も一般のクレジットカードと、それほど変わらないと言われています。
ただ一般ゴールドカードに比べると、付帯サービスやステータスの面では劣ります。
空港ラウンジ無料利用サービスが付帯していても、対象となる空港が少ないなどの制約があります。
サービス内容をよく確認してから、発行するようにしましょう。
カジュアルにゴールドカードを持ちたい人におすすめです。

・ヤングゴールドカード
20代向けのゴールドカードです。
若いうちからゴールドカードを持たせることにより、顧客を取り込みたいというクレジットカード会社の思惑から誕生しました。
審査は比較的柔軟で持ちやすいので、20代なら選びたいゴールドカードでしょう。
対象年齢を超えると、自動的に一般ゴールドカードに切り替わることが多いようです。
審査が厳しい一般のゴールドカードより、審査が柔軟なヤングゴールドカードに申込みをして、将来的には一般ゴールドカードホルダーになるのもおすすめです。

ステータスも欲しいし機能にもこだわりたいなら一般ゴールドカード、とにかく年会費を節約したいなら低年会費ゴールドカード、20代ならヤングゴールドカードといった選び方が良いでしょう。

以降はゴールドカードの審査基準について、述べていきたいと思います。

■ゴールドカードの審査通過に必要な年収

ゴールドカードの審査に通過するには、どのくらいの年収が必要なのでしょうか。
ゴールドカードになると、何百万、何千万円もの収入が必要なのでは?と思っている人もいるようです。

ゴールドカードの申込基準を見ると、「年収○○円以上」としているものはほとんどありません。
なので年収いくら以上あれば審査通過できるのか、判断がしにくくなっています。

一般ゴールドカードは年収500万円以上ないと、審査に落ちると言われていました。
「年収500万円ももらっていない!高すぎる!」と感じる人もいるのではないでしょうか。
30代の平均年収は400万円後半くらいで、500万円には届かないくらいです。
これではほとんどの人が、ゴールドカードの審査に落ちてしまうことになります。
しかし現在は年収400万円以上あれば、ゴールドカードの発行ができるようになっています。
30代の平均年収なら400万円以上という条件はクリアできていますので、ゴールドカードの審査に通る確率は高くなるとなるでしょう。

ただステータスが高いとされるダイナースクラブカードは、現在でも年収500万円以上ないと審査通過は難しくなっているようです。

年収400万円もないんだけど…という人でも、審査通過できるかもしれないのが低年会費ゴールドカードです。
低年会費ゴールドカードは、200万円以上の年収があれば良いとする審査基準になっているようです。
200万円以上というのは、一般のクレジットカードと変わらない審査基準でしょう。
一般のクレジットカードの審査に落ちないようであれば、低年会費ゴールドカードも発行できる可能性が高いとなるのです。
200万円程度の年収であれば、クリアできる人が多いのではないでしょうか。
また給料がそれほど高くない、20代前半でも申込ができると言えます。

しかしゴールドカードの審査は、年収が高ければ良いというものではありません。
年収だけでなく、安定した収入があるかも重要です。
いくら年収が高くても毎月収入がないといった状況では、安定した収入があるとは言えません。
年収1,000万円あれば、どんなゴールドカードでも審査通過ができそうな気がします。
ただ半年に一回500万円の収入で年収1,000万円となると、安定した収入があるとはならないでしょう。
ゴールドカードの審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。
毎月一定金額の収入を得ていることが、ゴールドカードの審査に通るコツとなります。

■ゴールドカード審査に落ちない年齢

クレジットカードは18歳以上であれば、申込みをすることができます。
大学生など学生でも発行が可能です。

ゴールドカードを申込できる年齢は、30歳以上というのが定説でした。
20代では持つことは不可能だったのです。
ゴールドカードを持つには、それなりの年収や地位が必要です。
働き始めてそれほど年数が経過していない20代では、ゴールドカードの審査に通過できるような地位や年収はないということで、30歳以上にならないと申込ができないのです。

ただこれは、一般ゴールドカードでの話です。
現在は20代でも審査通過ができるゴールドカードが登場してきています。
申込ができる対象年齢を引き下げたゴールドカードが、増えてきているのです。
JCBゴールドカードやANAワイドゴールドカードなどは、20歳から申込が可能となっています。

また20代でも発行可能なのが、低年会費ゴールドカードです。
低年会費ゴールドカードは申込基準を20歳以上からとしているものが多いです。
社会人になりたてであっても、ゴールドカードを発行することができるのです。
低年会費ゴールドカードは比較的審査が柔軟ですので、年収がそれほどない若い世代でも審査通過できる可能性が高いと思われます。

そして20代向けに発行されているゴールドカードもあります。
三井住友VISAプライムゴールドカード、JCB GOLD EXTAGEなどがあります。
「ゴールドカードは年会費が高くて…」という若い世代の声も大きいのですが、ヤングゴールドカードの年会費は5,000円以内になっているものがほとんどです。
年会費負担が気になる人にもおすすめです。
ヤングゴールドカードは年会費は低いのですが、サービスは充実しているのが特徴です。
一般ゴールドカードと変わらない機能を持っているものも多く、非常にコストパフォーマンスが高いです。
30歳になり会員資格を失うと、自動的に一般ゴールドカードへ切り替わります。
与信審査はありますが、使い方に問題がなければすんなり一般ゴールドカードが発行されます(希望をすればゴールドカードではなく、一般のクレジットカードへの切替も可能です)。

昔は20代でゴールドカードなんてあり得ない!という風潮でしたが、現在は20代のゴールドカードホルダーは何ら違和感がありません。
審査が厳しいとされるダイナースクラブでも、27歳以上になれば発行することが可能です。
20代からゴールドカードホルダーを目指すのはおすすめです。

■ゴールドカード審査に有利な雇用形態

ゴールドカードの審査通過に、必要となるのが安定した収入です。
安定した収入があるかの判断ができるのが、雇用形態になります。

ゴールドカードの審査に通りやすいのは、公務員や正社員です。
公務員は途中解雇する可能性がほぼありません。
安定した職業なので不祥事などを起こさないかぎり、自己退職をするケースも少ないです。
職を失って収入がなくなることは考えられないでしょう。
それに公務員は勤務年数により、給与が自動的に引き上がる傾向にあります。
ゴールドカードの審査には、一番通りやすいのです。

正社員は勤務先が大企業になるほど、ゴールドカードの審査に通りやすくなります。
大企業は経営破たんしてしまう可能性が低く、給与も高い傾向にあります。
安定した収入を得続けられる可能性が高く、ゴールドカード審査に通りやすいのです。
正社員でも零細企業など勤務先の規模が小さいと、ゴールドカード審査はやや不利となってしまいます。

一般のクレジットカードだとアルバイトやパートなど、非正規社員でも問題なく発行することができます。
フリーターだからと、審査に落ちることはないでしょう。
ゴールドカードはどうなのでしょうか。
一般ゴールドカードは、公務員や正社員以外は審査に落ちる可能性が高いです。
契約社員で、ギリギリ審査に通過できるかも?!という感じで、アルバイトやパートだと審査通過はできないと思って良いでしょう。
アルバイトやパートは終身雇用とはいかず、いずれは職を失うと思われます。
それが明日かもしれず、急に収入がなくなることが考えられます。
一般のクレジットカードよりゴールドカードは利用限度額が高くなりますし、貸し倒れ時のリスクも高いです。
そのためパートやアルバイトは、ゴールドカード審査に通ることは難しいのです。

ただ低年会費ゴールドカードになると、アルバイトやパートでも発行できる可能性はあります。
安定した収入さえあれば良いとすゴールドカードであれば、正社員でなくても審査通過することはできるのです。
また低年会費ゴールドカードには、「本人または配偶者に安定収入がある人」という審査基準になっているものがあります。
この審査基準だと、専業主婦でもゴールドカードを持つことができることになります。
以前はアルバイトやパートなどの非正規社員や無職の専業主婦が、ゴールドカード審査に通ることは考えられませんでした。
ゴールドカードの審査基準はだいぶ緩くなっていると言えるでしょう。

■ゴールドカード審査は勤続年数が長いほど有利

クレジットカードは勤続年数が長いほど審査通過しやすくなります。
勤続年数は雇用の安定性を判断できます。
アルバイトでも勤続年数が長ければ、この先も同じところで働き続けると思われます。
正社員でも勤続年数が数か月であれば転職を繰り返しており、またすぐに辞めてしまうのではないか?と思われてしまいます。
退職をすると収入が途絶えますので、返済能力がないとなってしまいます。
よって勤続年数が長いほど、審査通過しやすくなるのです。

ゴールドカードの審査に通りたければ、勤続年数は5年以上必要とされてきました。
しかし現在は1年以上あれば、発行される可能性が高くなっています。
5年から1年となると、かなり短縮された感じがありますよね。

勤続年数1年でもゴールドカード審査に通れるようになったのは、勤務形態が変わってきたことがあります。
以前は終身雇用が当たり前で、転職をするのは何らかの問題ある人などネガティブなイメージがありました。
しかし現在は転職をするのは当たり前となっています。
やりがいのある仕事に就きたい、スキルアップをしたいなど、ポジティブな理由での転職も多くなっています。
そのため勤続年数が短くなっている傾向にあるのです。
「勤続年数5年以上」という審査基準を続けていると、ゴールドカードへの入会者は減ってしまうと思われます。
クレジットカード会社にとって、一般のクレジットカードよりもゴールドカードの方が利益を上げやすいです。
ゴールドカードは年会費が高いですし、利用限度額も高くたくさん使ってくれますからね。
ゴールドカードの会員数を増やすために、勤続年数1年でも発行できるようにしたと言えるでしょう。

また低年会費ゴールドカードでは、勤続年数1年未満でも審査通過ができるケースもあるようです。
勤続年数は短くても十分な返済能力があれば、ゴールドカードを使わせても問題ないということのようです。
そしてヤングゴールドカードも、勤続年数1年未満でも審査通過しやすいです。
ヤングゴールドカードは新社会人も発行対象にしています。
新社会人は働いて間もないですから、勤続年数が短くても当然ですよね。
ヤングゴールドカードは、勤続年数はあまり気にしなくても良いかもしれません。

ちなみに自営業者は、開業をしてから2年~3年以上が必要とされています。
自営業者はすぐに経営破たんをしてしまう可能性もあります。
1年未満でゴールドカードを発行するのは貸し倒れリスクが高いとして、開業後2~3年が必要となっています。