ゴールドカードの審査基準と、審査に通りやすいおすすめゴールドカードまとめ!

■クレジットヒストリーがゴールドカードの審査基準の中心!

ゴールドカードを取得したい、と思っても審査を突破する必要があります。ノーマルのクレジットカードの審査を突破しなければ取得はできませんが、ゴールドカードはより審査難易度が高くなっているわけです。

このサイトでは、ゴールドカードの審査基準について徹底的に解説します。どんなゴールドカードであったとしても、審査基準を知ることができれば、審査を突破できる確率は高くなります。まずは敵を知らなければ、戦いは挑めないものですよ。

・クレジットヒストリーが本丸である!

ゴールドカードの審査を突破したい、と思うのであれば、とにかくクレジットヒストリーをどうにかしなければなりません。クレジットヒストリーに問題がある場合は、やはり審査落ちする確率が高まってしまうのです。

クレジットヒストリーですが、要はあなたがクレジットカードを利用した情報などが記されたものです。毎回の返済をキチンと行っているのか、ということが記されています。返済に遅れが出た情報についてもしっかりと記載されてしまうので注意しなければなりません。過去に返済で遅れが出てしまった経験がある方は、一定期間時間を空ける、という方法もあります。クレヒスは、基本的に24ヶ月で情報が入れ替わっていきます。ですから、1回や2回の返済の遅れがあった場合には、2年程度経ってから申し込む、という対策方法もあるのです。

■勤続年数がゴールドカードの審査に関わっている

ゴールドカードの審査基準として注目しなければならないものの一つとして「勤続年数」があります。勤続年数に関しては、ゴールドカードの審査にかなり大きな影響を与えてくる可能性があるのです。ゴールドカードは誰でも持てるわけではありません。審査は比較的厳しいものもあり、その厳しい中に勤続年数も関わってくるのです。

では、実際に勤続年数はどの程度あれば、ゴールドカードの審査を突破できるのでしょうか。どの程度の勤続年数だとゴールドカードの審査は厳しくなってしまうのでしょうか。確認していきましょう。

・勤続年数は5年以上あると安心

勤続年数ですが、どのくらいがいいのか、ということはあまりハッキリとは分かっていないのです。ただし、短すぎるのは問題がある、というのは間違いありません。例えば、1年間未満であると、収入などに不安定な要素も出てきてしまいます。カードの契約期間中に無職になられてしまうかもしれません。そういったリスクを考えて、審査を厳しくしてくる例が多く報告されているのです。

勤続年数ですが、5年以上あると問題ない、問いされています。5年以上だと、かなり審査難易度の高いカードであったとしても審査を突破できる事例が多くなります。ちなみに勤続年数は長ければ長いほど評価されます。10年屋20年お勤続年数があれば、もちろん審査はかなり有利になりますよ。

■年収とゴールドカードの審査

ゴールドカードの審査には年収も大きく関わっていることが分かっています。年収とゴールドカードですが、一体どの程度あれば安心なのか、ということを知っている方はほとんどいないのではありませんか。漠然と500万円や600万円程度は必要なんじゃないの、と思っている方も多いかもしれません。

確かに、年収は高いほうがゴールドカードは取得しやすいのですが、果たしてどのくらいが基準となってくるのでしょうか。確かめていきましょう。

・一般ゴールドカードであれば400万円程度で問題なし
・ハイグレードなゴールドカードであれば500万円から600万円以上が必要になることも
・年会費が低価格なゴールドカードであれば300万円程度でも審査を突破可能

要は、ゴールドカードの種類によっても必要な年収が大きく変化してくるわけです。一般的なゴールドカードであれば、平均年収程度で問題ありません。ただし、正社員でなければ達成しにくい金額なので、その点については理解しておく必要があります。
一方で、年収が5,000円以下のような低価格なゴールドカードであれば、平均年収に到達していなかったとしても審査に突破できます。年収300万円万円台であったとしても、ゴールドカードの審査を突破できた例はたくさんあるのです。
ゴールドカードを取得したい方は、自身に待ったゴールドカードに申し込む、ということが必要ですよ。

■利用可能枠とゴールドカードの審査

ゴールドカードの審査に関わってくるのが利用可能枠です。申し込みの時に、どの程度の利用可能枠を希望するかを決めますよね。50万円でも良いという方もいれば、100万円や150万円、中には200万円は必要と考えている方もいるかもしれません。そのカードの利用目的によっても、希望する利用可能枠は変わってくるでしょう。

実は、その利用可能枠の大きさが審査に大きな盈虚を与えてくるのです。前もって知っていなければ、なかなか審査に通らないといった状況にもなりかねないので注意してください。

・小さい利用可能枠に設定・・・審査に突破しやすくなる
・大きな利用可能枠に設定・・・審査に突破しにくくなる

大きな利用可能枠に設定してしまうと、それだけカード会社としてはリスクにさらされてしまうことになるんです。例えば、300万円の利用可能枠を使い込まれてしまい、その上で自己破産されたらどうでしょうか、非常に大きな損失を背負ってしまいますよね。

一方で、30万円の利用可能枠であれば貸し倒れてもカード会社としてはそれほど大きな損失にはならないのです。リスクが少ない、と判断できるわけです。

どうしても利用したいクレジットカードが有る、という方は利用可能枠を小さくして申し込んでみましょう。審査を突破できる確率が高まりますよ。

■格安ゴールドカードの審査

ゴールドカードにはいくつかの種類があります。年会費が低い格安のゴールドカードもあります。中級の一般的なゴールドカードもあります。さらに上級の高級系ゴールドカードもあります。そのうちどのタイプのカードを使いたい、といった希望もあるのではありませんか。

今回は格安のゴールドカードの審査についてお話します。果たしてどのような特徴があるのでしょうか。審査は厳しいのでしょうか。それとも易しいのでしょうか。

・格安のゴールドカードは審査が比較的易しい!

格安のゴールドカードは年会費が低い、といった特徴を持っています。年会費が低いカードはサービス内容もそれほど良くはありません。一般カードに毛が生えた程度なのです。

格安のゴールドカードですが、利用可能枠も基本的に低い、といった特徴があります。例えば格安のゴールドカードの最高利用限度額は100万円に設定されていることもあるんですよ。一方で高級系ゴールドカードの場合は、最高利用限度額が500万円に設定されているものも。
利用可能枠が高いカードのほうが、もちろん厳しい審査になってしまうわけです。

格安ゴールドカードを利用したい、と思っている方はそれほど心配することはありません。一般カードの審査を突破できるほどの属性情報を持っていれば大丈夫です。

■インビテーションでのゴールドカード申込は無審査?

クレジットカードを使っていると、ゴールドカードのインビテーション(招待状)が届くことがありまう。
インビテーションが届くということは、優良な会員だと認められた証拠です。
ゴールドカードを使わせても良いと思われたことになり、申込みをすればほぼ発行できると思われます。

ただインビテーションでの申込時でも、審査がないわけではありません。
個人信用情報が閲覧され、クレヒスに問題はないか、他社借入状況はどうかなどが確認されます。
場合によっては、審査落ちしてしまうこともあるのです。
インビテーションが届いた後に、延滞などを起こしていると、ゴールドカード審査には落ちてしまうでしょう。

ゴールドカードへのインビテーションが発行される基準は、クレジットカード会社により異なります。
それぞれに基準が設けられており、公表はされていません。
審査基準は想像するしかないのですが、ゴールドカードへのインビテーションが届く条件とされているのは、以下のようになります。

・年間100万円以上使う
ゴールドカードは利用限度額が高く、年間利用金額が高い人向けです。
年間100万円以上の利用がないと、ゴールドカードのインビテーションは届かないでしょう。
ゴールドカードが欲しいなら、クレジットカードをたくさん使うことです。
クレジットカードで支払えるところは、できるだけクレジットカードを使いましょう。
そして利用金額を高くしてください。

・コンスタントに使う
クレジットカードをたまに使う人より、毎月使っている人の方がゴールドカードのインビテーションは届きやすいです。
毎月必ず請求が上がるような使い方をしましょう。

・支払い状況に問題がない
支払の遅延などがあると、ゴールドカードの審査にはまず通ることができません。
支払日を守らない会員は歓迎されませんので、ゴールドカードのインビテーションが届くことはないと思われます。
短期間の遅延でも、何度も起こしているとクレジットカード会社への印象は悪くなってしまいます。

おすすめなのは、公共料金の支払いに使うことです。
毎月コンスタントにクレジットカードを使うことにもなりますし、利用金額を高くすることもできます。

ゴールドカードへのインビテーションが来て申込を行えば、審査はほぼ通ったと思っても良いくらいです。
審査に落ちて嫌な気分になる可能性が少ないので、インビテーションをもらえるようクレジットカードを使い倒すのがおすすめです。

■審査に通りやすいゴールドカード

審査に通りやすく、現在人気が高いゴールドカードを紹介します。
ゴールドカードの審査が不安な方にはおすすめです。

・MUFGカードゴールド
年会費1,905円(税別)の、低年会費ゴールドカードの先駆けとも言えるのがMUFGカードゴールドです。
このゴールドカードのおかげで、ゴールドカードを持つ人が増えたと言われているくらいです。
申込基準は18歳以上で本人または配偶者に安定収入があれば申込ができます。
さすがに学生は申込み不可ですが、専業主婦でも発行可能なゴールドカードであるのが特徴です。
審査基準はそれほど厳しくはなく、一般のクレジットカード審査と同等と言われています。
アルバイトやパートなどの非正規社員でも、安定した収入があれば審査通過できる可能性はあります。
発行当初は空港ラウンジ無料利用サービスがないのがネックとされていましたが、現在は7空港の空港ラウンジを無料利用できるようになっています。
空港ラウンジが使えるようになり、ゴールドカードっぽくなりました。

・Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
ポイントがたまるゴールドカードとして、現在人気急上昇中なのがOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDです。
基本的にはポイント還元率1.0%で、入会から6ヶ月間はさらに+1.0%が加算されます。
さらにオリコモールでは+1.0%、QUICPayやiD決済は+0.5%、リボ払いの利用で+0.5%が加算され、ポイントを貯めるチャンスが多いゴールドカードと言えるでしょう。
申込基準は20歳以上で安定した収入がある人。
年会費は1,950円(税込)。
低年会費ゴールドカードということで、審査も柔軟で発行しやすいのも人気の要因です。
要注目のゴールドカードでしょう。

・楽天プレミアムカード
人気の楽天カードの上位クレジットカードとなるのが、楽天プレミアムカードです。
年会費は10,000円(税別)と一般ゴールドカード並ですが、審査は柔軟であると評判です。
一般ゴールドカードの中では、発行しやすいと言えるでしょう。
またポイントがたまりやすいゴールドカードとしても人気です。
基本的に1.0%のポイント還元率ですが、楽天市場ではポイント5倍。
さらにプラチナカード並のサービスとなるプライオリティパスが付帯しており、価値のあるゴールドカードでもあります。
申込基準は20歳以上で安定した収入がある人です。