ゴールドカードの審査ではどんな項目が見られるのか

■ゴールドカード審査ではクレヒスが重要

クレジットカードに申込みをすると、必ずチェックされるのが個人信用情報です。
個人信用情報に掲載されているのは、名前、住所、電話番号といった基本的な情報です。
これを申込書と照らし合わせ、相違する部分がないか確認します。
そして個人信用情報には、クレヒスが掲載されています。
これがクレジットカード審査では、重要となります。
ゴールドカードでは一般のクレジットカード以上に、クレヒスは重要視されています。

ローンやクレジットカードなどの金融商品を使うと、個人信用情報に記録がされます。
これがクレヒス(クレジットカードヒストリー)です。

クレヒスに延滞や滞納などの記録があると、まずゴールドカード審査には通らないでしょう。
一般のクレジットカードでも審査落ちすると思われますので、ゴールドカードならなおさらです。
クレヒスにキズがある時点で審査終了、審査落ち決定となるでしょう。

また多重申込の記録があっても、ゴールドカード審査は落ちやすくなります。
複数のクレジットカードに同時に申込みをしているのは、お金に困っている人の行為とされています。
お金に困っている人がゴールドカードを使っても、支払いはできませんよね。
お金に余裕がある状態であっても、多重申込をするのはやめましょう。

延滞や滞納、多重申込などの記録は、年月が経過すると自動的に消滅します。
もしこのような記録がクレヒスにある場合は、記録がなくなってからゴールドカード取得と目指すようにしてください。

自分のクレヒスがどうなっているかわからない!という場合は、自分で確認することももできます。
個人信用情報機関に情報開示請求をすれば、自分のクレヒスを確認できるのです。
個人信用情報機関はいくつかあり、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターなどがあります。
ゴールドカードの審査では、CICのクレヒスが開示されます。
なのでCICに開示請求をするのがおすすめです。

ただクレヒスに問題がなくても、過去に延滞や滞納などを起こしたクレジットカード会社で、社内ブラックとなっていることがあります。
社内ブラックになると、その発行元のゴールドカード審査に通るのはまず無理と思われます。
クレヒスの延滞や多重申込の情報は消えますが、社内ブラックの情報は何年経過しても消えることはないとされています。
社内ブラックになっている可能性があるなら、そこ以外が発行するゴールドカードに申込みをしてください。

■ゴールドカード審査に有利な優良なクレヒスを作る方法

ゴールドカードの審査では、クレヒスが重要視されます。
クレヒスに延滞や滞納などがないこと以外にも、大切なことがあります。
それは優良なクレヒスを作るということです。

ゴールドカード審査を有利にする、優良なクレヒスを作る方法

・毎月使う
延滞や滞納の記録がなくても、全くクレジットカードを使っていないと優良なクレヒスとは言えません。
コンスタントに使っていることが大切なので、クレジットカードは毎月使うようにしましょう。
請求が全くない月が多いと、クレジットカードを使ってくれないと思われてしまいます。
ゴールドカードをせっかく発行しても使ってくれないと困るということで、審査に落ちやすくなることがあります。

・支払いは遅れない
クレジットカードの支払いは、期日までに遅れずに行いましょう。
クレジットカードの利用分は口座振替となりますが、口座に残高が足りない…ということがよくあります。
引落ができないとクレジットカード会社から連絡が入りますので、その時点ですぐに支払ってしまいましょう。
2か月以上支払いが遅れてしまうとクレヒスに延滞のマークが付いてしまい、ゴールドカード審査に落ちてしまいます。

・ある程度の金額を使う
ゴールドカードは利用限度額が高いクレジットカードです。
1か月の利用金額がそれほど高くないと、ゴールドカードを使う意味はないとなってしまいます。
ゴールドカード審査を有利にするなら、年間100万円以上はクレジットカードを使っていると、ゴールドカードの審査に通りやすくなるでしょう。
毎月10万円くらい使う必要がありますが、日常の支出をすべてクレジットカードにしていれば難しい金額ではないと思われます。

・一括払いを利用する
クレジットカードのリボ払いや分割払いを利用している記録がクレヒスにあると、ゴールドカード審査では印象が悪くなってしまいます。
特にリボ払いは残高が減りにくく、借金を増やす要因となります。
またリボ払いを利用するのは返済能力が低いためとされてしまいます。
クレジットカードは一括払いを利用するのがおすすめです。

優良なクレヒスを作るのに、特別なことをする必要はありません。
クレジットカードをコンスタントに使い支払いを遅れずに行っていると、クレジットカードの使い方が良い人となるだけです。
普通にクレジットカードを使っていれば、自然と優良なクレヒスは出来上がるわけです。
優良なクレヒスを作って、ゴールドカード審査を有利にしましょう。

■他社借入があるとゴールドカード審査に通らない?

ゴールドカード審査では、他社借入状況が影響します。
借入とは、キャッシングやローンのことです。
以前はローンが少しでもあるだけで、ゴールドカードの審査はアウトと言われていました。
ゴールドカードはお金に余裕がある人が持つもので、ローンを組むような人には使わせられないとされていたためです。
しかし現在は、多少の借入であれば審査通過は可能となっているようです。

住宅ローンや自動車ローンなどは、残高が少ない方が良いです。
また月々の支払い金額が、収入に対して高すぎるとゴールドカード審査は通りません。
ローンの支払いでいっぱいいっぱいになってしまい、ゴールドカードの支払いができなくなる可能性があるためです。
ただ住宅ローンは契約金額が高く、高い返済能力がないとローン審査に通りません。
住宅ローンを借りられているということは、他社から「貸しても返済してもらえる」と判断されたからです。
それならば返済してもらえるだろうと、ゴールドカードの審査で思ってもらえることもあります。

ゴールドカード審査に不利になるのは、キャッシングなど消費者金融からの借入です。
お金に余裕がある人が、消費者金融にお世話になることはないでしょう。
消費者金融から借入があるということは、お金がない証拠にもなるのです。
ゴールドカードの中には、消費者金融との契約があるだけで審査に落ちてしまうものもあります。
消費者金融はそれほどゴールドカードの審査では、嫌われていると言っても良いでしょう。

一般のクレジットカードでは、借入件数が3件以上あると審査通過が厳しくなると言われています。
ゴールドカードは審査が厳しくなりますので、借入件数はない方が良いです。
借入をしているのであれば完済をして、消費者金融との契約は解除しましょう。
借入中であるのならゴールドカードではなく、一般のクレジットカードを狙った方が良いかもしれません。

借入状況は、ゴールドカードの申込時に申告をします。
ここでごまかしてしまえば、借入なしで審査通過ができるのでは?なんて考える人もいるようです。
ゴールドカードの審査では、個人信用情報が閲覧されます。
借入状況は個人信用情報にすべて記録されていますので、審査時にウソは見破られてしまいます。
申込時にウソを記載してもばれてしまいますので、変な気持ちは起こさない方が良いでしょう。
虚偽の申告をするのは信用できない人なりますので、この時点でゴールドカード審査には落ちると思われます。

■ゴールドカード審査が厳しい理由

ゴールドカードの審査基準は、以前より引きさがったと言われています。
一部の選ばれた人しか発行できないクレジットカードとされていましたが、今では発行対象者の範囲はかなり広がったようです。
ゴールドカードは高値の花…という時代は、終わったのではないでしょうか。

それでも一般のクレジットカードと比べると、ゴールドカードの審査は厳しいとされています。
ゴールドカードの審査が厳しいのは、利用限度額が高いのが理由です。
一般のクレジットカードは、最高でも100万円程度の利用限度額となります。
最低だと5万円~10万円程度しかありません。
ゴールドカードは最低でも30万円ほどはあります。
また最高ですと200万円以上になることもあります。
利用限度額に一律の制限なしとするダイナースカードのようなゴールドカードも存在しています。
利用者によっては、とてつもなく高い利用限度額をもらうこともできるのです。

利用限度額が高くなると、貸し倒れ時のリスクが高くなります。
返済されないとしても5万円なら、それほど大きな損失にはなりません。
返済されなくてもまあいいか、ということで、審査通過できてしまうこともあります。
しかし200万円も返済されないとなると、そうはきません。
大きな損失となってしまいますので、「まあいいか」では済まされないのです。
利用限度額が高くなるほど高い返済能力が必要となり、ゴールドカードは審査が厳しくなってしまうというわけです。

利用限度額が低いゴールドカードなら、審査通過できる可能性が高くなると言えるでしょう。
ヤングゴールドカードや低年会費ゴールドカードは、利用限度額が10万円~200万円程度となります。
利用限度額が10万円であれば、一般のクレジットカードと変わりはありません。
一般のクレジットカード審査に通ることができれば、ゴールドカードでも発行されやすくなるでしょう。

ただ利用限度額が10万円だと足りないと思うかもしれません。
ゴールドカードにすると、ちょっと寂しいですね。
それでもゴールドカードの利用限度額は、後から引き上げることはできます。
利用状況が良ければ、自動的に引き上がって行くでしょう。
最終的には最高限度額にまで達することも可能ですし、一時的に引き上げてもらうことも可能です。
発行当初の利用限度額はそれほど気にしなくて良いでしょう。
まずは審査通過を優先して低い利用限度額で申込をして、利用しながら限度額を引き上げていくことを考えるのがおすすめです。

■無審査のゴールドカードがある?

ゴールドカードを発行するには、審査に通過しなければなりません。
どんなゴールドカードでも必ず審査がありますので、審査対策をするのは大切です。
ただ審査なしでゴールドカードが発行されたら良いと思いませんか?
ほぼ審査なしで自動的に発行されるゴールドカードがあります。

三井住友VISAデビュープラスは、18歳から25歳までを対象としたクレジットカードです。
デビュープラスは26歳になると、自動的に三井住友VISAプライムゴールドカードへと切り替えになります。
ほぼ無審査でプライムゴールドカードを発行することができるのです。
三井住友VISAプライムゴールドカードは、20歳から29歳までを対象としたヤングゴールドカードです。
30歳になった時点で、三井住友VISAゴールドカードに自動的に切替となります。
こちらもほぼ無審査で、ゴールドカードを発行することができます。
三井住友VISAデビュープラス→プライムゴールドカード→ゴールドカードとランクアップさせていくことができるのです。

この場合審査を新規入会審査を受けるのは、デビュープラスのみとなります。
デビュープラスはヤング向けクレジットカードなので、それほど審査は厳しくありません。
学生や新社会人でも、発行しやすくなっています。
審査通過がしやすいデビュープラスの審査さえクリアしてしまえば、プライムゴールドカード、ゴールドカードをラクに発行できるということになるでしょう。
将来的にゴールドカードを発行したいというなら、デビュープラスはおすすめのクレジットカードです。
また三井住友VISAカードにはゴールドカードだけでなく、プラチナカードなどさらに上位となるクレジットカードも用意されています。
ゴールドカードの利用状況が良ければ、プラチナカードのインビテーション(招待状)をもらうこともできるでしょう。

ただ自動的に切り替えになるはずなのに、ゴールドカードが発行されないケースもあります。
切替時の与信審査で、問題があると判断された場合です。
クレヒスに延滞や滞納などの記録があれば、ゴールドカードは発行されません。
また他社からの借入が多いなど、問題があるとと会員資格がなくなる可能性はあります。
「どうせ自動的にゴールドカードを発行できるから」と、怠慢な使い方をしていると痛い目に遭ってしまいますので注意をしましょう。
支払日は守る、コンスタントに使い、ゴールドカードが自動発行されやすいようにしてください。