ゴールドカード贅沢なメリットを日常に与えてくれます

■ゴールドカード贅沢なメリットを日常に与えてくれます

ゴールドカードが最近流行っていますがこのメリットとはいったいどこにあるのでしょうか。考え方は様々あると思います。メリットは一つとは限らないですが、私の一つの考え方にゴールドカードが与えてくれるものはいつもより少し贅沢した日常ではないかということです。ゴールドカードに付帯されるサービスを受けることによって普段の生活から少し贅沢した余裕ある生活を過ごせることもメリットの一つだと考えています。あなたもゴールドカードを利用してそんな少し贅沢な時間を過ごしてみませんか。

ゴールドカードが作り出してくれる贅沢な時間として始めに私が思いつくのは一流のホテルやレストランで優待を受けられるゴールドカードがあるということです。なかなか金額の高いレストランには予算面でも行きづらいことが多々あります。ですがゴールドカードの優待が大きいものであれば20%オフであったり複数人で利用すれば1人無料になるなど大きな割引をしてくれるものがあります。こういったメリットをふんだんに活用すれば日常とは少し違った贅沢なひとときを過ごすことが出来るのです。

次のメリットとして考えるのがホテルでの優待がゴールドカードでは受けれるものがあるということです。普段は少し小さめの部屋に泊まっていたとしても、ゴールドカードの優待によって少ない差額で広めの部屋にアップグレードしてもらえることだってあります。日頃経験しないことをゴールドカードのメリットで経験することによって日常からは少し離れた気持ちになることが出来るでしょう。またこういうことを経験することによって自分自身に余裕を持つことが出来て物事がスムーズに進むようになるかもしれません。

他には空港を始めとした各種ラウンジが使えるというのもゴールドカードのメリットでしょう。各種ラウンジは意外にも日本のあらゆるところに存在しています。空港や大きな駅に限らずテーマパークの中にさえラウンジは存在することがあります。こういったラウンジを利用できるのはゴールドカード所有者を始めとした一部の人たちだけです。待ち時間があるときには少し優雅に余裕を持ってラウンジを使えることもメリットの一つでしょう。

ゴールドカードによってどのような贅沢を体験できるのかというのは異なります。逆に考えれば自分が経験してみたいものを実現できるゴールドカードを選ぶのも良いかもしれません。最近は様々なメリットのゴールドカードが発行されていますので、きっと自分が優雅に過ごせるものが見つかるはずです。

■ゴールドカードのメリットといえば空港ラウンジが使える

最近発行される殆どのゴールドカードには空港ラウンジが使用できるサービスが付帯されています。具体的に利用できる空港ラウンジはそのゴールドカードによって左右されますが多いものであれば国内は28空港に加えて、一部の海外空港でも利用が可能なようにサービスが提供されています。多くのラウンジは保安検査場通過前にありますが、羽田空港など一部の空港には保安検査通過後に使用できるラウンジもありその利用価値やメリットは十分に高いものとなっています。

ゴールドカードで空港ランジを利用できるメリットを受けるためには年会費と対応している空港のバランスに注意が必要です。冒頭でも述べましたが全てもゴールドカードが同じようなメリットを享受してくれるわけではありません。1枚のゴールドカードで、ある人は空港ラウンジについてメリットと捉えある人はメリットは無いと捉えることもあるはずです。年会費を抑えてゴールドカードを手に入れ、そして国内の空港ラウンジを使用したいと思うのならば年会費3000円程度のゴールドカードから所有することが可能です。こういったカードは他の付帯サービスに偏りがあるかもしれませんが空港ラウンジを使用することに特化するのであれば年会費とのバランスは良いでしょう。
また空港ラウンジを使用する際には同伴者にお金が必要となるのかについても注目しておくと良いでしょう。ゴールドカードの所有者本人は無料で使えるためメリットかもしれませんが、同伴者は数千円必要になってしまうとなるとせっかくのメリットも雰囲気を壊しかねません。ゴールドカードの中にはきちんと同伴者1名まで無料であるとか、子供の同伴であれば無料であるとか複数人で利用することを想定した価格設定を初めからしている場合もあります。無料では無くても大幅割引なども考えられますね。一人で旅行や出張が多い方は気にしなくてもいい部分ではありますが、複数人でラウンジを使う可能性のある方は同伴者の方のことも考えてあげることが大切になるでしょう。

ゴールドカードのメリットとして使用できる空港ラウンジには様々な種類があります。同じゴールドカードでも利用できたり出来なかったりと細かい違いもあったりします。日本国内であれば日本で発行されているゴールドカードであればあまり問題はありませんし空港ラウンジの使い方にも大きな差はありません。しかし、海外でも利用する可能性がある場合にはさらに細かな違いがあったりもしますので注意が必要です。

■メリットのパターンを抑えてゴールドカードを選ぶ

ゴールドカードの一般的な年会費は1万円前後であり、入会に関しても以前ほど年齢や年収制限が無いなどかなり身近なものになってきました。逆に考えると多くのゴールドカードが出てきたことによって、ゴールドカードとひとくくりには出来ないぐらい様々な特徴が出てきています。ゴールドカードが一般カードとは異なる点としてフリーダイヤルの専用の問い合わせデスクを設けていたり、空港ラウンジが使えたり、各種旅行に関する保険が充実している点にあります。ですがゴールドカードの中にはこういった付帯サービスを最小限に絞ることによってゴールドカードであるにも関わらず格安の年会費で提供されているものもあります。ゴールドカードにはどのようなメリットがあるのかを理解し、どこに着目して選べば良いのかの基準づくりにお役立てください。

・年会費の安さで選ぶ
一般カードでは物足りないけど1万円を超えるようなゴールドカードを持っても付帯サービスを使い切れないという方も居るでしょう。そういった方にはゴールドカードを選ぶ基準として年会費を重要視してもらえばいいと考えています。ゴールドカードの年会費は安いものであれば初年度無料の翌年度から2500円程度という破格のものから5万円を超えるものまで幅広くあります。年会費の安いゴールドカードが無いということは決してありませんので、年会費ほどのサービスを活用できないと思う場合はなるべく安いものを選ぶのが良いでしょう。

・旅行のサービスで選ぶ
旅行に限らず主張などで飛行機をはじめとした移動が多い方はこういった方面のサービスを重視すると良いでしょう。具体的には空港ラウンジがどの程度使えるのか・プライオリティパスは利用できるのか・旅行傷害保険は充実しているのかといったことが考えられます。これらの付帯状況はそれぞれのゴールドカードによって多種多様であり一括りにすることは出来ません。ですが自分に合ったゴールドカードを見つけ出せるぐら選択肢は増えてきています。

・ポイントの還元率で選ぶ
年会費以上のポイントをためることはなかなか難しいかもしれませんが、ゴールドカードにすることによってポイント還元率が上昇するものも存在しています。これを主な検討基準にしてしまうと、相当な金額をクレジットカードで決算する人でなければ年会費との差分で赤字になってしまいますので他の検討ポイントと合わせて考慮すると良いと思われます。

■コスパの良いゴールドカードのメリット

多くの人にステータスの高いクレジットカードとして認識されているのがゴールドカードでしょう。有人やお客様に支払いの姿を見られてもゴールドカードで支払っていればなんとなく優越した気持ちになれるのかもしれません。そんなゴールドカードですが年会費が1万円前後のものが多いなど少しコストパフォーマンスが悪いように見えてしまいます。確かに見た目を気にするだけなら年会費にこれだけ支払うのは高いですよね。ただ実際にはコストパフォーマンスの良いゴールドカードというのも様々存在しています。いくつか例も出しながら見ていきましょう。

・三井住友VISAゴールドカード
コストパフォーマンスの良いゴールドカードといえばこちらの一枚をおすすめしています。まずコストパフォーマンスのよさは年会費に表れています。なんとゴールドカードながら初年度の年会費は本人も家族カードまで作っても無料となっています。1年だけでも年会費が無料になるのはゴールドカードとしては非常に嬉しいメリットです。しかも、2年目以降も本来は1万円の年会費も条件を満たせば4000円になるなど使い方次第では年会費が大きなメリットといえるでしょう。しかも発行元は三井住友VISAカードということで付帯されているメリットもお墨付き。この付帯サービスがこの年会費で利用できるゴールドカードであればコストパフォーマンスは十分に良いでしょう。

・MUFGカードゴールド
こちらは三菱東京UFJ銀行が発行するゴールドカードでこちらもまた信頼できる発行元からの1枚となっています。このような発行元であればコストパフォーマンスは悪いように思われがちですが、初年度の年会費は2000円程度、2年目以降も1000円程度と思いのほか安く設定されています。サービスの内容は別として信頼した発行元と低コスト面を重視するならば一番おすすめできるゴールドカードになるかもしれません。発行の際に国際ブランドも幅広く選択が可能であり、それぞれのブランドによって提供されているメリットは少しずつ異なっています。

ゴールドカードに利用は周りからの見られ方の変化も生み出すかもしれません。部下や後輩、そしてお客様は支払いをするあなたの姿を見て人となりを考察している可能性もあります。プラチナカードと呼ばれるさらなる上のクレジットカードもありますが、一般的にはよく知られているゴールドカードの方が周りからの見え方も良いそうなので年会費を抑えられるもので持ってみてはどうでしょうか。

■ゴールドカードでホテル優待のメリットを受けよう

ゴールドカードのメリットには様々なものがありますが中には特定のホテルに関して優待を受けられるものもあります。1枚のゴールドカードで複数の系列のホテルでの優待を受けるのは難しい部分もありますが、普段から利用するホテルが決まっているのならばその系列専用のゴールドカードを作成することによって年会費を超えるメリットを受けることになるでしょう。今回はホテルの系列を限ったりはしますがどのようなメリットがあるのか具体例を紹介してみたいと思います。

・ヒルトンHオナーズVISAゴールドカード
こちらは三井住友カードが発行しているゴールドカードでヒルトン系列で優待が受けれるメリットが付帯されています。ゴールドカードの発行と同時にヒルトンHオナーズのゴールドステータスに自動的に登録され優待を受けれる仕組みとなっています。具体的な優待内容としては世界各地にあるヒルトン系列のホテルに宿泊した場合それぞれのホテルで多少異なりますが、クレジットカードのボーナスポイントが付与されたり朝食が付いていないプランであっても無料で提供されるなどの特典があります。特定の系列ホテルであればクレジットカードのポイントだけではなくヒルトンオナーズのポイントも付与されるのが嬉しいところです。

・One Harmony VISAゴールドカード
こちらも三井住友カードが発行しているクレジットカードでオークラ ニッコーホテルズで優待を受けられるようになっています。基本的な優待の仕組みとしては、ゴールドカードの発行と同時にOne Harmonyのロイヤルメンバーとなりこのメンバー向けに提供されているサービスを利用できる対象に仲間入りが出来ます。ホテルでの優待は朝食の無料サービスや客室のアップグレードが実施されたり、さらに宿泊で貯まったポイントを使用しても客室のアップグレードが差額無しで対応してもらえるなどゴールドカードらしいメリットを受けることが出来ます。

・スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
あまり聞き慣れないかもしれませんが、こちらはアメリカン・エキスプレス・カードとSPGが提携して発行されているゴールドカードです。カード自体はゴールドではありませんがクラスとしてはゴールドカードに分類されています。こちらのクレジットカードは入会と同時にSPGのゴールド会員資格を提供しており、毎年のカード継続でSPGホテルやリゾートを1泊無料で利用できる宿泊特典がメリットとして提供されています。