続・ゴールドカードの基礎知識

■ゴールドクレジットカードの旅行保険

クレジットカードには保険が付帯しているものがあります。
年会費無料クレジットカードなんかは保険が全く付帯しないものもありますが、近年は保険付帯のクレジットカードが増えてきました。
ゴールドカードはほどんどに保険が付帯し、さらに補償が手厚くなっているのが魅力でもあります。
特に国内旅行保険や海外旅行保険は、価値があるといえるでしょう。
旅行に良く行く人は、ゴールドカードの所有をおすすめします。

・補償金額が高い
ゴールドカードは補償金額が高く、高い安心感を得ることができます。
死亡や後遺傷害時は、5,000万円~1億円などというゴールドカードもあります。
最高補償金額だけでなく、疾病や傷害時の補償額も高いのが特徴です。
クレジットカードの旅行保険は、疾病や傷害補償の金額は合算することができます。
補償額が100万円と200万円のクレジットカードを持ってれば、300万円の補償を受けられることになります。
ただ最高補償金額は合算されなく、一番高い補償金額となるクレジットカードしか補償対象となりません。
なので最高補償金額が高いゴールドカードを持っておくのおすすめなのです。

・自動付帯が多い
クレジットカードの旅行保険は、利用付帯と自動付帯があります。
利用付帯は旅行にかかる代金をクレジットカードで支払わなければ、補償の対象となりません。
会員になるだけでは、補償がされないのです。
しかし自動付帯であれば、クレジットカードで旅行代金を支払わなくても補償の対象となります。
自動付帯となるゴールドカードを持っていれば、しっかり補償を受けることができます。

・家族特約がある
クレジットカードの旅行保険の対象となるのは、名義人のみとなります。
家族も補償の対象としたい場合は、家族カードを発行しなければなりません。
しかしゴールドカードには、家族特約が付いている場合があります。
家族が旅行時に何かあった場合に、補償をしてもらえるのです。
ゴールドカードの名義人本人が同行していなくても、補償の対象となるのも便利です。

旅行保険が付帯するゴールドカードを持っていれば、旅行のたびに傷害保険に加入しなくても良いこともあります。
保険料金を節約できますのでお得です。

ただ旅行保険の内容は、ゴールドカードにより異なります。
補償金額なども違いがあり、中には一般のクレジットカードとそれほど補償内容が変わらないゴールドカードもあります。
よく確認しておく必要があるでしょう。

■ゴールドクレジットカードの国際ブランド

日本のクレジットカードには、5つの国際ブランドがあります。
ゴールドカードを発行するさいに、どの国際ブランドにしようか…と迷うことがあるかもしれません。

・VISAのゴールドカード
国際ブランドの中ではシェアナンバーワンの国際ブランドです。
加盟店が多いので、どこでもおすすめです。
メインで使うゴールドカードであれば、VISAブランドが良いかと思われます。

VISAブランドのゴールドカードには、共通のサービスがあります。
VISA国際手荷物宅配サービス、ホテル優待サービス、海外用Wi-Fiルーターレンタル、万が一のときのサポートなどがあります。
クレジットカード会社を問わず、利用することができます。

・マスターカードのゴールドカード
VISAと同様、加盟店が多いです。
国内ではVISA、JCBの方が強いですが、マスターカードも使いたい国際ブランドでしょう。

マスターカードのゴールドカードには、国際手荷物宅配優待サービス、空港クローク優待サービス、Wi-Fiや携帯電話のレンタルサービスなどがあります。

・JCBのゴールドカード
国内シェア率が高いのは、JCBブランドでしょう。
海外ではまだ使えないところがあるようですが、国内メインで使うゴールドカードとしてならおすすめです。
ただ海外では全くおすすめではない…というわけではありません。
海外にはJCBプラザがあり、JCBのクレジットカード会員であれば利用することができます。
すべて日本語対応なので、日本語しかできない人もJCBカードがあれば安心でしょう。

・アメックスのゴールドカード
アメックスはステータス性が高く、どこで使っても恥ずかしくないクレジットカードブランドです。
アメックスのゴールドカードは、アメリカン・エキスプレス・セレクトを利用することができます。
宿泊やダイニングなどでの優待特典がありおすすめです。
近年はプロパーだけでなく、クレディセゾンと提携発行しているゴールドカードも人気があります。

・ダイナースクラブのゴールドカード
ステータスが高く自慢できるクレジットカードといえば、ダイナースクラブでしょう。
世界的に認められている国際ブランドで、地位が高い富裕層におすすめです。
ただ加盟店が少なく、使えないところが多いのが難点です。
ダイナースクラブ1枚で賄おうとするのではなく、VISAやマスターカードなど他のブランドのクレジットカードと併用するのがおすすめです。

■ゴールドクレジットカードの発行方法

ゴールドカードの発行方法を見ていきましょう。

・ゴールドカードを選ぶ
欲しいゴールドカードを選ぶのが、まず第一歩です。
ゴールドカードはさまざまなクレジットカードが会社が発行しており、種類も豊富です。
適当に選んでしまうと自分には合わないゴールドカードになる可能性がありますので、あせらずじっくり選ぶのが良いでしょう。
年会費、ポイントサービス、付帯保険などを比較し、自分に合うゴールドカードを見つけてください。

・ゴールドカードに申込みをする
オンライン、郵送など、申込方法はいくつかあります。
今はオンラインでの申込がメインとなっているようです。
オンライン申込をすると初年度年会費が無料となったり、初年度年会費が無料なるゴールドカードもあります。
発行も早いですし、オンライン申込を利用するのが良いでしょう。
発行したいゴールドカードのクレジットカード会社のサイトに行き、申込みを行ってください。

・ゴールドカードの審査が行われる
申込が受け付けられると、審査が行われます。
クレジットカードには必ず審査がありますので、逃れることはできません。
ゴールドカードは一般のゴールドカードよりも審査が厳しいと言われることがありますので、審査対策はしておいた方が良いでしょう。

・ゴールドカードが発行される
審査に通過できたら、ゴールドカードが発行されます。
発行期間はクレジットカード会社により異なりますが、1週間~3週間くらいとなることが多いようです。

以上がゴールドカードを発行する流れになります。

ただゴールドカードは、クレジットカード会社からのインビテーションでも発行することができます。
クレジットカードの使い方が良いと、クレジットカード会社はもっと使って欲しい!と思うようになります。
そこでゴールドカードを発行しませんか?という、招待状を送ってくることがあるのです。
インビテーションが来て申込をした場合は、ほぼ審査に通過できると思っても良いようです。
クレジットカード会社が「作りませんか?」というのは、審査に通過できる人のみだからです。

ゴールドカードのインビテーションがもらえるのは、クレジットカードを定期的に使っている人、年間利用金額が高い人、支払い遅延や延滞などを起こさずスムーズに支払いをしている人などになります。
遅延や延滞を起こすとまずインビテーションはもらえませんし、ゴールドカードに申込みをしても審査に落とされる可能性が高いので注意してください。

■ゴールドクレジットカードの審査基準

ゴールドカードの審査は、一般のクレジットカードよりも厳しくなるとされています。
ゴールドカードは利用限度額が高く、貸し倒れ時の損害は大きくなってしまいます。
どうしても審査は厳しくなってしまうでしょう。

・年齢
ゴールドカードは30歳以上でなければ発行できないとされていましたが、現在は18歳以上であれば申込ができるようになっています。
ただ低年会費ゴールドカード以外は、27歳~30歳以上の方が審査は通りやすいでしょう。

・年収
一般のゴールドカードだと、400万円あれば発行しやすいとされています。
ダイナースクラブは、500万円以上が必要のようです。
しかし年会費ゴールドカードなら、200万円くらいでも審査通過ができるケースが多くなっています。
年収200万円だと、一般のクレジットカードと同等の基準です。
それほど高い年収がなくても、ゴールドカードの発行は可能となっています。

・クレヒス
クレヒスとはクレジットカードヒストリーのことです。
ゴールドカードの審査では、このクレヒスが非常に重要視されるようです。
審査に通りやすいのは、毎月クレジットカードを使い支払いを行っている状況です。
また利用金額もそれなりに必要になり、年間100万円以上使っていると有利です。
クレヒスに遅延などの記録があると、まず審査には通らないと思っておいてください。

・借入
借金があるとゴールドカードの審査は通りにくくなるようです。
少額ならまだ良いのですが、年収3分の1以上の借入があると発行は難しいでしょう。
消費者金融との契約がある場合も、審査では不利になります。
借入がなく利用しないのであれば、消費者金融は解約するのがおすすめです。

・支払い方法
クレジットカードにはいくつか支払い方法がありますが、望ましいのは一括払いです。
リボ払いを多用していると、ゴールドカードの審査に影響すると言われています。
リボ払いはお金に余裕がない人が使う支払い方法で、利用残高が減りにくい特徴があります。
多重債務にもなりやすい支払い方法なので、ゴールドカードを持たせるにはふさわしくない…となってしまうのです。

ゴールドカードの審査基準は、以前よりだいぶ引き下がっているとされています。
特に低年会費ゴールドカードなら、たやすく発行できる…という人も多いでしょう。
ゴールドカードはそれほど敷居は高くありません。
持つことができるチャンスはありますので、自分には無理と思わず取得を目指してみてください。

■ゴールドクレジットカードのデメリット

ゴールドカードはメリットが多いのですが、デメリットもあります。

・年会費が高い
一般のクレジットカードに比べると、ゴールドカードは年会費が高いです。
10,000円以上の年会費となるゴールドカードも多く、年会費の負担が大きくなってしまうのがデメリットと言えるでしょう。
ただゴールドカードには、たくさんのサービスが付帯しています。
サービスを利用することで年会費以上のお得となることもあり、コスパは高いです。
またゴールドカードの年会費はピンキリとなっています。
低いものなら2,000円程度なので、一般のクレジットカードとそれほど変わらない年会費です。
少ないですが年会費無料や実質年会費無料となるゴールドカードもあります。
年会費の負担を少なくしたければ、年会費が低いゴールドカードを選ぶと良いでしょう。

・審査が厳しい
ゴールドカードは一般のクレジットカードよりも、審査が厳しくなっています。
欲しいと思っても審査落ちしてしまい、どうしても発行できない…ということもあります。
しかしゴールドカードの審査基準は、以前よりは引き下がっているようです。
特に低年会費ゴールドカードであれば、審査は柔軟になっているのでおすすめ。
一般のクレジットカードと同じような審査基準とも言え、発行しやすくなっています。

・利用限度額が高い
ゴールドカードは利用限度額が高く、余裕で100万円以上になることも多いです。
今までのクレジットカードよりたくさん使える!と調子にのって使っていると、使いすぎてとんでもないことになってしまうかもしれません。
無駄なものをクレジットカードで購入してしまっても支払えれば問題なのですが、支払いが苦しくなると困ったことになります。
自己破産なんてことになったら、人生やりなおしをしなければなりません。
計画的に使うようにしましょう。

・他人に良く思われないことがある
ゴールドカードは一般のクレジットカードより、上位クラスとなります。
そんなゴールドカードを持っていることを、良く思わない人もいるのが確かです。
そんなつもりはないのに「自慢気にゴールドカードを使っていた」とか、「あんな奴でもゴールドカードもてるの?」なんて言われてしまうことも…。
ゴールドカードを持てない人がうらやましがって言っているのでしょうが、言われた方が良い気持ちはしないですよね。
周囲に見られないように、こっそりゴールドカードを使う…なんて人もいるようでs。