まずはゴールドカードの基礎知識を覚えておこう

■ゴールドクレジットカードの年会費

クレジットカードにはランクがあります。
一般クラスのクラシックカード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード…といったように、ランクが上がっていきます。
ゴールドカードはクラシックカードの1つ上を行くクレジットカードということになります。

ゴールドカードはクラシックカードに比べると、年会費が高額になります。
年会費無料クレジットカードは多いですが、ゴールドカードになると年会費無料はごく一部しかありません。
ゴールドカードは年会費がかかると思っておいて良いでしょう。

・低年会費ゴールドカード
年会費2,000円程度から持つことができるゴールドカードです。
一般のクレジットカードとほぼ変わらない年会費なので、誰でも持ちやすいのが特徴です。
今では収入がない専業主婦でも、配偶者に安定収入があれば発行可能なゴールドカードもあるくらいです。

・一般ゴールドカード
年会費が10,000円程度のゴールドカードをさします。
以前はこのくらいの年会費が主流だったのですが、低年会費ゴールドカードが登場したことにより年会費が高いと感じるようになってしまいました。

・年会費が高額のゴールドカード
ゴールドカードの中には、年会費が2万円以上するものもあります。
アメックスゴールドやダイナースクラブなど、富裕層向けのクレジットカードが該当します。
これはゴールドカードという名前は付いていますが、さらに上を行くプラチナクラスの機能があるクレジットカードと捉えて良いでしょう。

年会費負担を少なくしたければ、低年会費ゴールドカードがおすすめです。
低年会費ゴールドカードは審査基準も低めとなっており、年収200万円程度あれば発行が可能とされています。
また10代後半や20代でも発行することができ、若い人でも所有ができるゴールドカードとなっています。
ただ利用できるサービスが制限されていることもあり、ゴールドカード本来の良さを感じられるかというと疑問が出てきてしまいます。
とりあえず券面がゴールドであれば良いという方向けでしょう。

ゴールドカードを持ちたいのであれば、一般ゴールドカードがおすすめです。
年会費は高めになりますが、付帯サービスは充実しています。
ゴールドカードならではのステータスもあり、「ゴールドカードホルダーになれた」と実感できるのではないでしょうか。

もっと高いステータスを希望する人は、年会費が2万円以上するゴールドカードも良いでしょう。

■10代・20代でも持てるゴールドクレジットカード

クレジットカードは18歳以上になれば発行することができますが、ゴールドカードは30歳以上にならないと発行できないと長らくされていました。
ゴールドカードは役職があり、年収もそれなりにある人向けのクレジットカードです。
平社員の10代、20代には、発行する値がないとされていたのです。
ゴールドカードはデキる大人の物だった…と言えるでしょう。

しかし現在は、10代、20代でも発行できるゴールドカードが登場しています。
以前は30歳以上でなければ発行不可だったゴールドカードでも、発行対象を20代に引き下げたケースもあります。
クレジットカードを発行できる年齢であれば、ゴールドカードも発行できるようになったのです。

ゴールドカードの低年齢化が始まったのは、低年会費ゴールドカードが登場してからとされてます。
低年会費ゴールドカードの先駆けとなったMUFGカードゴールドは、18歳以上から申込をすることができます。
10代でゴールドカードなんてあり得ない!という今までの概念を、あっさり覆してしまいました。

そして20代を対象としたヤング向けゴールドカードの存在により、ますます若い世代にゴールドカードが広がりました。
三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代~29歳を対象としたヤング向けゴールドカードです。
年会費5,000円(税別)とゴールドカードにしては年会費負担が少なく、若い世代でも持ちやすくなっています。
30歳以上になり会員資格を失うと、自動的に三井住友VISAゴールドカードへ切替られます。
JCB GOLD EXTAGEも、20歳~29歳と対象としています。
会員資格は入会から5年間で、以降は自動的にJCBゴールドカードへ切替となります。
年会費3,000(税別)と格安なので、人気が高いゴールドカードです。

20代にゴールドカードなんて早すぎると言われていた中、ヤング向けゴールドカードが発行されたのは、若い世代を取り込みたいというクレジットカード会社の思いがあったからと言われています。
「ウチなら若いうちからステータスクレジットカードを持てますよ」とアピールし選んでもらい、長い付き合いをしていきたいという思惑があるのです。

昔のようにゴールドカードが欲しいけれど、30歳になるまで我慢…なんてことは、しなくても良い時代になったと言えるでしょう。
10代、20代が発行対象となるゴールドカードは一般ゴールドカードより審査も緩めなので、持ちやすくおすすめです。

■ゴールドクレジットカードはポイントをためやすい

クレジットカードで気にしておきたいのは、ポイント還元率です。
ポイント還元率が高いクレジットカードほど、ポイントがたまりやすくお得ということになります。

ゴールドカードはポイント還元率が優遇されていることが多いです。
なので一般のクレジットカードより、ポイントはたまりやすいと言えるでしょう。

・ポイント倍率が上がる
一般のクレジットカードに比べると、ポイント1.5倍、ポイント2倍となるゴールドカードがあります。
ポイント2倍なら、当然ですが2倍のスピードでポイントがたまることになります。
ゴールドカードの方がポイントがたまりやすくお得…となるでしょう。

またゴールドカードには、海外利用でポイント倍率が上がるものもあります。
クレジットカードは海外では欠かせないものなので、海外利用が多いという方もいるでしょう。
それなら海外でポイントアップするゴールドカードがおすすめです。

・ボーナスポイントがもらえる
年間利用金額により、ボーナスポイント付与があるゴールドカードがあります。
ボーナスポイントを加算すると、還元率が通常の2倍以上になることもあるのでお得です。
ボーナスポイントがもらえると思うと、クレジットカードを使うのも楽しくなってしまうのではないでしょうか。
かといって必要のない買い物をしてしまう…というのはいけませんが、支払えるものはすべてクレジットカードを使うなど年間利用金額を上げるのがおすすめです。

・特定の支払いでポイントがアップする
一般のクレジットカードにはないポイント特典が、ゴールドカードならある場合があります。
たとえばdカードゴールドは、ドコモ携帯電話やドコモ光の支払い時に、最大10%の還元率になります。
1,000円利用すれば100ポイント、10,000円利用すれば1,000ポイントが獲得できます。
これは一般のクレジットカードとなるdカードでは、使えないサービスです。
ゴールドカードは年会費が高めではありますが、これだけポイントを獲得できれば年会費以上のお得になるのでないでしょうか。
ドコモユーザー限定とはなってしまいますが、還元率10%というのは見逃せません。

・ポイント有効期限が長くなる
通常のクレジットカードですと2年間などポイント有効期限がありますが、ゴールドカードになると有効期限が長くなったり有効期限がなくなるといったものがあります。
ポイントが失効しにくくなりますし、ポイントを有効的に使えるようになります。

■ゴールドクレジットカードはステータスが高いのか

ゴールドカードはステータスの高いクレジットカードです。
一般のクレジットカードに比べるとワンランク上に位置しており、持っていると優越感を得られるとされています。
ただ近年はゴールドカードのステータスは、それほど高くなくなってきたようです。

・低年会費ゴールドカードの登場
ゴールドカードのステータスを下げてしまったのは、低年会費ゴールドカードだと言われています。
ゴールドカードは30歳以上で、年収400万円~500万年以上ある人向けのクレジットカードとされていました。
持つことができるのは一部の人で、庶民には高値の花だったのです。
しかし低年会費ゴールドカードは、10代でも持つことが可能です。
年収も200万円程度あれば良いとされており、発行できる人が非常に多くなってしまいました。
ゴールドカードは誰でも発行できるクレジットカードとなってしまい、ステータス性がすっかり薄れてしまったのです。
ゴールドカードを持っていても、周囲からスゴイと思われなくなってしまったわけですね。

・アメックスやダイナースクラブを狙う
クレジットカードの中でステータスが高いとされている発行元は、アメリカンエクスプレス(アメックス)とダイナースクラブです。
ゴールドカードもステータスは非常に高いです。
アメックスは一般クラスとされるグリーンカードでもゴールドカード並の機能をもっていますし、アメックスゴールドになるとプラチナカード並の機能を備えています。
ダイナースクラブは提携クレジットカードがなく、プロパーカードのみとなっています。
発行枚数も少なく、本当に選ばれた人しか持つことができないイメージを保っています。
アメックスやダイナースクラブであれば、持っていることを自慢することができるでしょう。

・ゴールドカード以上を狙う
クレジットカードでステータス性を求めるなら、ゴールドカードにこだわる必要はありません。
さらに上位のクレジットカードとなる、プラチナカードの取得を考えるのが良いでしょう。
取得している人は非常に少なく、希少性が高いクレジットカードです。
プラチナカードの取得の近道となるのは、クレジットカード会社からのインビテーションです。
プラチナカードは自ら申込みができなく、インビテーションのみでしか発行できないこともあります。
優良会員と認められるように、ゴールドカードを使い倒しましょう。
そしてプラチナカードのインビテーションが届く日を待つのがおすすめです。

■空港ラウンジ利用ができるゴールドクレジットカード

ゴールドカードの特徴となるのが、空港ラウンジの無料利用サービスです。
これは一般のクレジットカードで、付帯しているものはありません。
ゴールドカードならではのサービスと言えるでしょう。

空港には待合室がありますが、ゆっくりしたいなら空港ラウンジを利用したいものです。
ソファやフリードリンク、雑誌や新聞などを自由に利用することができます。
Wi-Fiも使えますので、パソコンを使うことも可能です。
飛行機の遅延や欠航などがあると、空港内で時間を潰すのが大変だったりしますよね。
空港ラウンジが使えれば、ゴールドカードがあって良かった!と思えるのではないでしょうか。

・すべての空港で使えるわけではない
ゴールドカードがあるからとって、どの空港ラウンジでも使えるわけではありません。
利用できる空港はゴールドカードにより異なりますので、注意が必要です。
一般のゴールドカードは国内主要空港はほとんど網羅していることが多いですが、低年会費ゴールドカードは利用空港が限られていることもあります。
普段利用する空港ラウンジが使えないと、ゴールドカードを発行しても意味ながなくなってしまいます。
どの空港ラウンジを使えるのか、確認しておきましょう。

・同伴者も無料になるゴールドカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの空港ラウンジ無料サービスは、同伴者も1名まで無料で利用することができます。
家族や同僚などがいるときに、1人で空港ラウンジを使うのは気が引けるものです。
同伴者がいる場合は、おすすめのクレジットカードです。

・世界中の空港ラウンジを使えるプライオリティパス
上位クラスのクレジットカードになると、プライオリティパスが付帯することがあります。
プライオリティパスがあると、世界中の空港ラウンジを無料で使えるようになります。
海外旅行が多い、海外出張が多いという人は、プライオリティパスが付帯するクレジットカードがおすすめとなります。

プライオリティパスが付帯するゴールドカードには、SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード、アメリカン・エキスプレス・カード、楽天プレミアムカードなどがあります。
10,000円程度の年会費で、プライオリティパスが使えるのはお得と言えるでしょう。
特に楽天プレミアムカードは、比較的審査が柔軟なゴールドカードとなっておりおすすめです。 
またアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードも、プライオリティパスが付帯します。